世界的大ヒット『パックマン』

アーケード パックマン

『パックマン』は、アーケード向けのアクションゲームです。1980年、ナムコが発売しました。

『パックマン』とは

パックマン

パックマンを操作して、モンスターたちの攻撃をかわしながら、画面上のドットを食べていきます。全部のドットを食べると、次のラウンドに進むことができます。当時、パックマンの英語表記は「PUCKMAN」 となっていたこともありましたが、現在は「PACMAN」に変更となっています。

ゲーム内容

遊び方

操作方法

主人公であるパックマンを操作してメイズに置かれているドットを食べていくアクションゲームです。メイズ内には4匹のモンスターがいてパックマンを追いかけてきます。プレーヤーはモンスターに触れると自機をロスト。メイズには4個のパワーエサがあり、パックマンが食べると数秒間の間、無敵になります。その間、モンスターを食べることができ、連続して食べると高得点をゲット。面が進むにつれてパワーエサの効果が薄れ、最終的には無敵時間はほんの一瞬だけになります。攻略に必要なのは、面毎のドットを食べるパターンを編みだすことです。

操作方法

ゲーム中の操作は4方向レバーのみとなります。

方向レバーパックマンの移動
ボタン1 
ボタン2 
ボタン3 
ボタン4 
ボタン5 
ボタン6 

基本的な操作方法です。ゲームによってボタンの名称が異なったり、未使用であったりする場合があります。

ゲーム画面

番号内容
パックマン
モンスター
パワーエサ
フルーツ
モンスターの巣
ラウンド数
残機
1Pスコア
ハイスコア

攻略

先のステージに進むために役立つ情報を集めました。

獲得点について

パックマンはハイスコアを競うゲームです。従って、如何に高得点をあげていくかがポイントになります。ゲームセンターに導入された頃、パックマンの達人とも呼べるゲームプレーヤーの遊び方を眺めていた時の記憶としては、原則(1)モンスターは4連続で食べること(2)フルーツは必ず2回食べること、がマストです。面が進むにつれてパワーエサの効果が薄れてきますので、いかにゲーム序盤でモンスターを4連続で食べ続けられたかが重要。そのためにはモンスターを引き付けて4連続で食べるための誘導パターンが必要になります。アーケード版では面毎にパターンが確立されていましたが、その後、「アーケード版」としてコンシューマゲーム機に移植されたものでは画面比率など様々な問題で当時のパターンが使えなくなっています。

得点源ポイント
ドット面クリア条件が全ドットを食べることなので、他プレーヤーと得点差が生まれない
パワーエサ一定時間、モンスターを食べることができるが、面が進むと時間が短くなる
フルーツ後半は、高得点となるので1面で必ず2回食べておきたい
モンスターゲーム序盤は1面につき4連続を4回決めることがマスト

ドットは10pts、パワーエサは50ptsです。フルーツとモンスターの得点は下記をご参照ください。

モンスターの特徴

パックマンに登場するモンスターは全部で4種類です。それぞれ個性的な動きをします。最も注意すべきモンスターはアカベエ。直線でロックオンされると徐々に距離を詰められてしまいます。追いかけられていると感じたらワープトンネルやメイズのコーナーを利用して追跡を逃れる必要があります。

キャラクターニックネーム特徴
オイカケアカベエモンスターの中で一番動きが速く、しつこく追跡してくる。
マチブセピンキー先回りするような動きで、挟み撃ちを狙ってくる。
キマグレアオスケ追跡と逃走の切り替わりが読みにくい。
オトボケグズタ他のモンスターと比べて自由気ままに動いている。

パワーエサで反撃&高得点

画面の四隅には点滅するパワーエサが設置されています。食べることでモンスターと立場が逆転。パックマンがモンスターを食べることが可能になります。弱体しているモンスターは青色になり、このときに連続して食べると高得点になります。ただし、ステージが進むとパワーエサの効果が徐々に下がっていきます。17面ではモンスターが弱体化している時間は0秒。パワーエサは、食べた瞬間にモンスターの進行方向が逆になりますので、この特徴を活かして、追いかけられている時にパワーエサを食べてモンスターの向きを変えることで一時的に追跡から逃れることが可能です。

弱体化しているモンスターを連続して食べた時の得点は次の通りです。4匹を連続で食べることで一気に3,000点を獲得できます。

食べた数得点
1匹目200
2匹目400
3匹目800
4匹目1,600

5面以降はパワーエサの効果が減少傾向になります。つまり、難易度がアップ。

ラウンド無敵時間(秒)
54
68
74
84
92
107
114
122
132
146
152
162
170
184
19以降0

フルーツ

画面中央のモンスターの巣の下にフルーツが出現することがあります。パックマンがフルーツを食べればボーナス点を獲得できます。1面につき最大で2回フルーツが出現。面が進むとフルーツが変化し、最大で8種類が登場します。高得点を記録するためには必ず食べておきたいところですが、無理をして食べに行こうとするとモンスターに挟み撃ちになることがあります。フルーツの種類と得点は次の通りです。

出現面フルーツ得点
1チェリー100
2ストロベリー300
3オレンジ500
4オレンジ500
5アップル700
6アップル700
7メロン1,000
8メロン1,000
9ギャルボス2,000
10ギャルボス2,000
11ベル3,000
12ベル3,000
13以降カギ5,000

補足ですが、「ギャルボス」はギャラクシアンにでてくる旗艦機、一見、ベルはかき氷に見えますが鐘(ベル)が正解です。

ワープトンネル

ゲーム画面の左右にある通路がワープトンネルです。左右のどちらかから侵入すると反対側に抜けることができます。また、モンスターがワープトンネルに突入するとスピードが格段に落ちます。モンスターに追いかけられている時、ワープトンネルに突入することでモンスターを振り切ることが可能。とても攻略に役立つ通路ですが、多用するとワープトンネルの中でモンスターに挟み撃ちに合うことがあります。ワープトンネルを「逃げ切る」「(食べやすいように)モンスターをまとめる」ときにうまく活用できるようになるとクリアが楽になります。

コーヒーブレイク

2面、5面、11面終了時、コーピーブレイク演出が発生します。パックマンとモンスターのショートストーリーをみることができ、緊張をほぐしてくれます。

2面終了時のコーヒーブレイクでは、モンスターがパックマンを追いかけていきますが、一転、巨大化したパックマンがモンスターを追いかけていきます。

珍現象・すり抜け

プレーをしているとごく稀にパックマンがモンスターをすり抜けることがあります。狙ってできる技ではなく、挟み撃ちにあったり、コーナーを曲がってモンスターに触れたりしたときにミスにならずすり抜けてプレーを継続できます。おそらくこの現象はコリジョンによるものだと考えられます。

256面でゲームオーバー

ゲームは256面で終了となります。

誕生秘話

パックマンのキャラクターはピザを食べているときに残ったをみてクリエートされたと言われています。また、企画当時、女性プレーヤーの獲得を狙い、前述のピザから連想できるような「食べる」というコンセプトとゲームの合間に一息がつける「コーヒープレイク」のデモが発案されたようです。

(C)1980 1995 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED

データ

このタイトルの基本情報です。

発売年1980年
プラットフォームアーケード
ジャンルアクション
プレー人数1人/2人(交互)
メーカーナムコ
開発会社
プロデューサー
ディレクター
シナリオ
グラフィック
サウンド
販売数
受賞歴

関連タイトル

パックマンの関連タイトルは次の通りです。

評価

当サイトは、AIによる「テキストマイニング」や「感情認識」などでユーザー評価を分析しています。そして、分析したデータをもとに統計解析した結果を掲載しています。

ワードクラウドからの分析

ワードクラウドとは、スコアが高い単語を複数選び出してその値に応じた大きさで図示したものです。単語の品詞によって文字を色分けしています。インターネット上の国内外のプレーヤーの評価を数多く収集して分析しているため、従来のゲーム専門メディアにはない情報を提供しています。

共起キーワード

共起とは、プレーヤーの評価などの一文の中に単語のセットが同時に出現している状態のことです。出現数が多い語ほど大きく、また共起の程度が強いほど太い線で描画されます。共起の様子を確認することで、プレーヤーがさまざまなゲームの要素に対して抱いた感情や遊び方などを把握することができます。

感情分析

プレーヤーのゲームに対する印象や感情が一目でわかるグラフィックデータです。

※ユーザーローカルAIテキストマイニングによる分析( https://textmining.userlocal.jp/ )

分析の元データは、インターネット上の書き込み情報などを可能な限り収集。相当量の情報を元に解析を実施しています。

購入

Amazonや楽天市場、Yahooショッピングなどのオンラインショップで購入できるゲームや関連グッズです。

ダウンロード購入

各オンラインショップの情報は、記事作成時点でのものです。アクセスした時期によっては、販売終了やオンラインショップの閉店などで購入できない場合があります。

公式サイト