セガの名作『トランキライザーガン』

トランキライザーガン

『トランキライザーガン』はアーケード向けのアクションゲームです。1980年、セガが発売しました。プレーヤーはハンターになり、ジャンルの四方から出現する猛獣たちをトランキライザーガン(麻酔銃)で眠らせてから捕獲するのが目的です。猛獣たちが草むらから出現したり、すばやく動いて追いかけてきたりしますが、そのときの緊張感が伝わるゲームデザインが高く評価されています。

『トランキライザーガン』とは

トランキライザーガン インスト

プレーヤーは迷路のようなジャングルに乗り込み、トランキライザーガン(麻酔銃)で野生の動物を眠らせてから捕獲するのが目的です。登場する動物はヘビ、ゴリラ、ライオン、ゾウの4種類です。大きい動物ほど捕まえたときに高得点となります。ゲームをはじめてからしばらくは動物の動きはゆっくりですが、ゲームが進むと動きが速くなり難易度が上がります。

デュアルボード基板で動作

オリジナルのアーケード版はCPUにZ80を使用した基板のコンバージョン用ゲームとして発売となりました。

「トランキライザーガン」は1980年の早春にSEGAから発売された業務用ゲームです。当時「デュアルボード」と呼ばれる、CPUにZ80を使ったセガの汎用基板があり、そのコンバージョン (ROM交換)用ゲームとして開発されました。この基板を最初に使用したのはあの名作「ヘッドオン」で、その後「侍」「ディープスキャン」「カーニバル」など様々な往年の名作がこの基板から生み出されています。

出典:ドリームキャスト版「ダイナマイト刑事2」説明書

ゲーム内容

遊び方

トランキライザーガン
操作レバーでトレーラーを動物のいる付近へ移動させます。トレーラーの燃料は時間の経過で減っていき「0」で動かなくなります。つぎに操作レバーでハンターを操作し、ボタンで麻酔銃を撃って動物を眠らせます。動物は大きいほど眠らせるのにたくさんの弾を当てなければなりません。眠った動物は近づくと捕まえることができます。動物の下のカウントが「0」になる前にトレーラーに運ばなければなりません。4種類の動物を同じ数だけ捕まえるとトレーラーの燃料が増え、4種類すべての動物を同時に眠らせるとラウンドクリアです。動物から襲撃を受けるとミスになり、残りハンター数がなくなるとゲームオーバーです。

トレーラーの数字の見方

トレーラーには「残り燃料数」と「捕まえた動物の数」が表示となっています。捕まえた動物の数は左から「ゾウ・ライオン・ゴリラ・ヘビ」です。

ユーザー評価

高評価
準備中
低評価
準備中

データ

発売年 1980年
プラットフォーム アーケード
メーカー セガ
開発会社
ジャンル アクション
プレー人数 1人
販売数
受賞歴

関連タイトル

購入

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。