アーケード版『ポールポジション2』

ゲームマルシェ

『ポールポジション2』は、1983年にナムコからリリースされたアーケード向けのレーシングゲームです。このゲームは、その前身である『ポールポジション』の続編として知られ、アーケードゲームとして大きな成功を収めました。

『ポールポジション2』とは

『ポールポジション2』は、前作『ポールポジション』に新たに3つの追加トラックを選択できる点が特徴です。このゲームは、特にアメリカ合衆国で大規模な商業的成功を収め、1984年には最も高収入を得たアーケードゲームとなり、1987年まで日本とアメリカの年間最高収益アーケードゲームのひとつであり続けました。

アーケード ポールポジション

ゲーム内容

プレイヤーは、ステアリングホイールを使って4つのトラックの中からひとつを選びます。これらのトラックには、初代からの富士スピードウェイ、インディアナポリスモータースピードウェイを模したテストコース、1982年のアメリカ西部グランプリサーキットを模したシーサイド、鈴鹿サーキットなどが含まれます。車のカラースキームが異なり、爆発時には破片が表示され、新しい看板やオープニングテーマソングも導入されました。

ゲームシステム

『ポールポジション2』のゲームシステムを解説します。

ゲーム画面

画面の左上に「TOP」、これは現在のトップスコア、その下には「SCORE」とあり、これはプレイヤーの現在のスコアを表しています。画面上部中央には「TIME」とあり、残り時間を示しています。時間は短くなるにつれて、プレイヤーはレースを完了するために急いでいる可能性があります。その隣には右隣りには「LAP」という表示があり、これは現在のラップタイムを示しています。さらに右には、「SPEED」とあり、これはプレイヤーの現在の速度をキロメートル単位で表示しています。ゲームのグラフィックは、シンプルなピクセルアートで構成されており、レーストラックは緑の芝生、灰色のアスファルト、そして赤と白の縁石で縁取られています。プレイヤーの車両は、中央の下部に位置しており、ゲームプレイ中の視点を意識しています。他の車両も同様にカラフルで、ゲーム内の競争を表現しています。全体的に、このゲームは色鮮やかで、レトロな雰囲気を醸し出しつつ、プレイヤーに必要な情報をクリアに伝えるデザインになっています。

操作方法

操作方法は、ハンドルとアクセル、ブレーキの2つのボタンを使用します。ステアリングホイールは、ゲーム中の車の操作を直感的かつリアルに再現するために設計されており、プレイヤーに実際のレース体験を提供します。

ゲームフロー

  • コースをハンドルで選びアクセルかブレーキで決定します。
  • レースは予選とグランプリに分かれて行います。
  • 予選ではコースを1周します。ラップタイムが好成績ならグランプリへ進め、成績によってスタートする位置も変わります。成績が悪いとゲームオーバーになります。
  • グランプリではコース1周ごとにタイムが延長され、4周でゴールインです。途中でタイムが0になるとゲームオーバーです。
  • グランプリで20位以内に入賞するとイニシャルを入力できます。文字は、ステアリングで文字を選んで、ペダルを踏んで入力します。

予選とグランプリの仕組み

予選とグランプリのルールと得点の仕組みについてまとめました。

予選

1周の速さを競うタイムトライアルです。8位以内のタイムで通過しないとグランプリに進むことはできません。予選の得点は「走行距離得点」と「順位ボーナス」の合算です。走行距離得点は1周で10,000点。順位ボーナスは予選1位通過だと4,000点が加算となります。

グランプリ

コースを4周して、ゴールするのが目的です。持ち時間がゼロになるとその時点でゲームオーバーになります。グランプリの得点は「走行距離得点」+「抜いた敵車数x50点」がベースとなります。これに加えて、完走時にはタイムボーナスが加算。計算式は「残り時間x200点」です。

コース概要

前作はコースがひとつしかありませんでしたが、本タイトルでは4コースに増えています。各コースの概要は次の通りです。

コース概要
TEST長方形のコース。コーナーは4つ。単純なため、繰り返し走行すればコツを掴みやすい。ただし、直線コースでスピードがでやすいので、調子に乗るとコーナーで失敗することもしばしば。
NAMCO前作『ポールポジション』と同じ形状のコース。水たまりの位置が変更になっている。前作をやりこんだプレーヤーであればTESTコースよりも走りやすいかもしれないが、前作より速度がでやすいので難易度はアップ。
WONDER急カーブと緩やかなカーブが点在するコース。緩やかなカーブは、さほど減速しなくても一気に突破できる。直線コースが長く、速度が乗ればライバルカーを抜き去ることができる。
SEASIDE2本の長い直線コースとひとつのきつい急カーブが印象的。ふたつの直線コースのうちひとつは、前後にカーブがある影響で最高速では走り切ることが難しい。減速必至なカーブと急カーブの攻略がポイント。

テクニック

370キロ以上で路肩や水たまりに入って、スピードをわざと落とすとターボをかけることができます。

(C)1983 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED

データ

このタイトルの基本情報です。

発売年1983
プラットフォームアーケード
ジャンルレース
プレー人数1人
メーカーナムコ
開発会社ナムコ
プロデューサー
ディレクター
シナリオ
グラフィック
サウンド
販売数
受賞歴

移植タイトル

『ポールポジション2』は、さまざまなプラットフォームに移植されています。

ゲームマルシェ
ゲームマルシェ
プレイステーション ナムコミュージアムVOL.3

関連タイトル

リストは本サイトの更新順です。関連タイトルは10タイトルまで表示。リスト外のものは検索ボタンから探してください。

評価

『ポールポジション2』は、アーケードゲームとして1983年にリリースされた後、多くのプレイヤーから高い評価を受けました。ゲームのグラフィックス、サウンド、操作性は、高い評価を集めています。特に、各トラックの設計、車のスキッド音やリアルな爆発音、そして緊張感を高める新しいファンファーレが評価されています。

このゲームは、オリジナルの『ポールポジション』からいくつかの点で進化しています。例えば、プレイヤーは富士スピードウェイだけでなく、3つの新しいトラックから選ぶことができ、車の加速に関する新しい「ホイールスピン」のメカニズムが導入されています。また、プレイヤーは水たまりを利用して車に一時的なターボチャージを与えることができ、クラッシュ時には車の破片が飛び散る効果が加わりました。

『ポールポジション2』は、レーシングゲームのファンや、挑戦的なドライビング体験を求めるプレイヤーに特におすすめです。革新的なゲームデザインとリアルなレース体験は、今でも多くのレトロゲーム愛好家の支持を集めています。

分析の元データは、インターネット上の書き込み情報などを可能な限り収集。相当量の情報を元に解析を実施しています。