AC版『ムーンクエーサー』

ゲームマルシェ

『ムーンクエーサー』は、1980年に日本物産から発売されたアーケード向けのシューティングゲームです。『ムーンクレスタ』の続編として位置づけられており、前作の基本的なゲームプレイを継承しつつ、幾つかの変更点があります。

『ムーンクエーサー』とは

『ムーンクエーサー』は、基本ルールや合体ギミックを前作『ムーンクレスタ』から引き継いでいます。しかし、一部の変更点があり、特に派手な母艦の登場や1号機の連射が可能になるなどの微細な差異が特徴です。出回りの数が少なく、マニア向けの珍品とされています。

ゲーム内容

プレイヤーは左右2方向レバーと1ボタンを使用して、1号機、2号機、3号機の自機を操作します。1号機は機体が最も小さく、敵をよけやすいですが、弾は中心から1発しか撃てません。2号機は1号機よりやや幅広く、左右の突起からそれぞれ同時に2発の弾を出せます。3号機は左右から弾を出すが、発射位置が中心から離れているため狙いがつけにくくなっています。

ストーリー設定

調査中

ゲームシステム

操作方法

操作方法は、左右2方向レバーと1つのボタンを使用します。このシンプルなコントロールで、自機を操り敵を撃破することが目的です。

ドッキングシステム

自機が複数残っていれば、1周につきドッキングステージのチャンスが2度あります。ドッキングに成功すると、合体した状態で次の面に進むことができ、自機のパワーアップと敵のスピードアップが行われます。ドッキングにはボーナス点が与えられ、合体の方法によって点数が異なります。

データ

このタイトルの基本情報です。

発売年1980
プラットフォームアーケード
ジャンルシューティング
プレー人数1人
メーカー日本物産
開発会社
プロデューサー
ディレクター
シナリオ
グラフィック
サウンド
販売数
受賞歴

関連タイトル

リストは本サイトの更新順です。関連タイトルは10タイトルまで表示。リスト外のものは検索ボタンから探してください。

評価

『ムーンクエーサー』は、レトロゲーム愛好家や収集家にとって非常に価値のあるタイトルです。前作『ムーンクレスタ』の人気を受け継ぎつつ、微細な変更を加えた本作は、操作性の良さとシンプルながらも奥深いゲームプレイが魅力です。特に、ドッキングシステムは当時としては革新的な要素であり、今でも多くのファンに愛されています。このゲームは、クラシックシューティングゲームのファンや、ビデオゲーム史に興味のあるプレイヤーに特におすすめです。

分析の元データは、インターネット上の書き込み情報などを可能な限り収集。相当量の情報を元に解析を実施しています。